いとう動物病院 - 様々な病気

様々な病気

犬の予防注射(ワクチン)について

 

 犬の予防注射にある病気の種類として、下記のような疾患があります。

A.     犬ジステンパー

B.     犬アデノウイルス2型感染症

C.     犬伝染性肝炎

D.     犬パラインフルエンザ

E.     犬パルボウイルス感染症

F.      犬コロナウイルス感染症

G.     レストスピラ症(黄疸出血型、カニコーラ型)

これらの病気の組み合わせにより、3種混合ワクチン、5種混合ワクチン、8種混合ワクチンということになります。当院では、5種混合ワクチンと8種混合ワクチンを主に使用しております。またこれらの病気以外に、法律で定められている狂犬病予防注射があります。これについては、また次回に説明させていただきます。

 では、各病気について簡単に説明します。

 

犬ジステンパー

感染すると発熱や下痢、神経症状などが起こり、全身がウイルスにおかされます。また治ってもいろいろな後遺症に悩まされます。死亡率も高く、怖い病気です。

 

犬アデノウイルス2型感染症

アデノウイルスによる感染症で、肺炎や扁桃炎などの呼吸器症状を起こします。

 

犬伝染性肝炎

こちらもアデノウイルスによる感染症ですが肝臓の炎症を主とし、嘔吐や下痢、食欲不振などが起こります。また目が白く濁ることもあります。子犬では突然死することもある怖い病気です。

 

犬パラインフルエンザ

パラインフルエンザウイルスによる呼吸器病で、咳や鼻水、扁桃炎を起こします。アデノウイルスや細菌と一緒に「ケンネルコフ」と呼ばれる犬のカゼ症候群をひき起こします。

 

犬パルボウイルス感染症

血液のまじったひどい下痢や嘔吐を起こす腸炎型がよく知られていますが、子犬に突然死をもたらす心筋型もあります。伝染性が強く死亡率も非常に高いこわい病気です。

 

犬コロナウイルス感染症

腸炎をひき起こす感染症です。下痢や嘔吐が起こります。パルボウイルスと混合感染すると症状はいっそう重くなります。コロナウイルスとパルボウイルスを一緒に予防することがとても重要です。

 

レストスピラ症(黄疸出血型、カニコーラ型)

細菌によって腎臓や肝臓がおかされる、人と動物共通のこわい伝染病です。代表的なのは、歯茎の出血や黄疸がみられる黄疸出血型と、高熱や嘔吐、下痢を起こすカニコーラ型の2種ですが、この他にもいろいろなタイプがあるので注意が必要です。アウトドアで活動する犬ほど感染しやすいので、予防が大切です。

 

 ワクチンはその種類だけではなく、いつ接種するのかのタイミングがとても重要です。

 獣医師の先生と相談して、正しい予防注射のプログラムを行いましょう。




病院案内診療案内アクセス院長の部屋様々な病気患者さん相談室お問い合わせ