いとう動物病院 - 様々な病気

様々な病気

歯の疾患と予防について

 飼主さんたちは、犬や猫をかわいがったり、被毛の手入れや体調の変化にいろいろと気を配っていることは多いと思います。しかし、歯の手入れとなるとほとんどの飼主さんたちが行っていないのが現状です。
 
歯の疾患
 犬や猫は、3歳を過ぎると95%以上の動物が口腔内になんらかの疾患を持つといわれています。その中でも代表的なものに、う蝕(虫歯)や歯周囲炎があります。う蝕や歯周囲炎の大きな原因は歯垢(しこう:プラークなどと呼ばれる)です。
 食後に歯垢が附着し、数時間もするといろいろな菌が歯と歯肉の間に増殖してきます。これを放置しておくと、月日が経つに従って硬くなり、歯石となります。そして歯肉炎を発生し、歯肉が腫れてきます。細菌はどんどん増殖し、単なる炎症から歯根膜炎、根尖膿瘍まで進みます。そして歯を取り巻く周囲の組織、つまり歯槽骨まで破壊してしまいます。その結果歯はぐらつき、抜けてしまいます。
 歯が抜けること自体は大きなトラブルとは言えませんが、長い間の歯周囲炎が原因で生じた膿様物質や細菌がトラブルを引き起こします。これらの細菌や膿様物質は血液をかいして全身に伝わり、腎臓や心臓の内膜に炎症を起こし、腎不全や弁膜症の原因となり、取り返しのつかない状態となってしまいます。
 
予防法として
 予防法としては、第一に口腔内の手入れ、つまり食餌の後のブラッシングです。しかし、動物がそれを容易にさせないのは衆知の事実です。たとえそうであっても、努力をしなければいけません。大人になってから始めようとしても、非常にいやがられるのがほとんどです。ですから、幼い時から口を開ける練習や指を差し込んでもいやがらないように教えることが必要です。若齢で始めれば習慣となり、それほどいやがらずに行えることが多いです。
 使用するブラシには、市販の動物用歯ブラシや乳児用シリコン製歯ブラシ等があります。またブラシ以外にも、指にガーゼや綿の布をまいて、歯や歯肉をマッサージする方法もあります。その他にも、口腔内滴下型の液体洗浄剤があります。
 歯肉マッサージにより血行障害を取り去る事、また細菌繁殖の元となる食後に附着する歯垢を取り除く事が、う蝕と歯周囲炎を予防する最良にして唯一の方法であることをおぼえておいて下さい。
 
歯石除去の処置
 一度ついてしまった歯石は、ブラッシングなどでは取れません。この場合は専門の器具をつかい、歯石を除去しなければう蝕や歯周囲炎が進行してしまいます。
 歯石や歯の汚れをみつけたり、口腔内が臭うときは当院にご相談下さい。

 

 歯石除去の処置は、動物は人のように口を開けていてくれませんので全身麻酔が必要となります。ですから処置は予約制となりますので、くわしくは受付へおたずね下さい




病院案内診療案内アクセス院長の部屋様々な病気患者さん相談室お問い合わせ